Vine Linux 3.1

 

今回インストールしてみた Vine Linux のデスクトップ画面です。

先週の金曜日(4日前)、おば〜ちゃん(と言っても、わたしの母ですが)をデイケア施設に送った後、久し振りにブラリとパソコンなどの中古品を扱うお店 Hard Off に寄ってみたのですが、そこで 1999年頃発売の Dell Optiplex GX100 を 3000円で売っていたのを見つけたのが運のつきでした。(^^;)

ホコリだらけで、中ではカラカラコロコロ音が…。お店の人立会いで中を開けてみたところ、CPU のヒートシンクと冷却ファンが外されて、カラカラコロコロいっています。メモリはありませんでしたが、ハードディスクはありました。容量の表示がなく、何メガなのか分かりません。(^^;)

家に帰って掃除をしたところ、当初外されていたと思っていた CPU 本体は、ヒートシンクとファンが外れてはいたもののちゃんと残っていました。メモリをつけ、ヒートシンクと CPU の間にシリコングリスを塗って組み立てたところ、えらい調子よく動くではないですか。(^^;)

Celeron400MHz、メモリは家に余っていた 128MB のを2枚刺しました。ハードディスクは 6.5GB でした。元々サウンドカードのついていない PC ですが、後から PCI バスに追加してありました。
http://ascii24.com/news/i/hard/article/1999/07/29/603660-000.html

いつも FreeBSD なので、今回は Linux の中の Vine Linux というOSをインストールしてみました。またまたネット上の FTP サイトからの直接インストールです。ただ Linux はディストゥリビュージョンによっては、ネットからの直接インストールができないようですね。FTP サーバの images ディレクトリに boot.img といった名前の 1.44MB 程のファイルの置いてないディストゥリビュージョンは、FTP サイトからの直接インストールができないのではないでしょうか。

いや〜、Linux 素晴らしい。あっという間に日本語環境のととのった GUI パソコンができてしまいました。FreeBSD で色々苦労したあの設定が全く要りません。ひぃや〜、こりゃ楽だわ〜。Linux の利用者が多いのもうなずけます。後で知ったのですが、この Vine Linux というディストゥリビュージョンは、日本語環境に特化したディストゥリビュージョンだそうですね。

テンキー入力できるように、各ユーザディレクトリに .Xmodmap ファイルを作ったら、一々 num lock キーを押さなくてもテンキーから数字が入力できるようになりました。(^^;)

proftpd の設定もなんとかして、FFFTP でアクセスできるようになりました。しかし、FFFTP は初期設定ではファイル一覧を取得※するために "NLST -alL" コマンドをホストに送っていますが、proftpd は、このコマンドに対応していないので、ホスト一覧の設定中の "高度" タブで、"LISTコマンドでファイル一覧を取得" にチェックを入れアクセスしないと、ホスト側のファイル一覧が表示されないようです。
※ FFFTP Ver1.92a からは、初めからファイル一覧の取得をLISTコマンドでするようになっています。

未だ不慣れなので、追加ソフトのインストールなどはままなりません。その他ユーザの追加なども手間取ってしまいました。(^^;)

分かりにくいメモリの性能

※ 最近メモリというと、USB 接続で使えるフラッシュメモリーなどを連想される方がおられますが、ここではシステムメモリについて書いています。

クリックすると大きくなります例えばわたしの手持ちのメモリの中に、
SEC KMM374S1623CT-GL
PC100-322-620
KOREA 9947M

と書かれたシールの貼ってあるメモリがあります。
PC100-322-620 から、ベースクロックが100MHz(Pentium II の 350 以上)、キャスレイテンシー(Cas Latency)の値が3。KOREA から、韓国製などが分かります。

KMM374S1623CT-GL でネット検索 すると下記のサイト
http://www.com-com.co.uk/partn_769448.ihtml
が出てきて、Samsung 128MB PC100 CL=3 ECC DIMM の情報が得られ、ECC 機能があることも分かりました。

※ ECC(Error Checking and Cirrectionの略)
普通のメモリは、パリティーチェック ( 単にパリティーともいいます。データの誤りを検出する方法のひとつ parity check )をすると、メモリーにエラーを検出した場合システムが停止しますが、ECC メモリーはエラーを自動修復してシステムが停止しません。メモリの性能表記で ECC 機能のあるなしを、パリティーあり、パリティーなしと表記しているケースもあります。

クリックすると画像が大きくなります自宅サーバ機に使用しているマシンのひとつの DELL PowerEdge 1300 は、ECC オート設定になっているようで、ECC 機能のついていないメモリも、ついているメモリも使えるようになっています。ECC 機能ありとなしのメモリを混在して使用すると、ECC 機能ありのメモリも ECC 機能なしになってしまいます。ECC 機能を生かしたい場合は、装着したメモリ全てを ECC 機能つきにしなければなりません。
ECC 機能つきのメモリのみを装着すると、BIOS の画面のシステムメモリのところに ECC と表示されます。それで思いついたのですが、手持ちのメモリを一枚ずつこの PowerEdge 1300 に装着して起動し、 BIOS 画面を見たらそのメモリに ECC 機能があるかないかが分かる訳です。

それでうちにあったメモリを、一枚一枚皆調べてみました。そうしましたら I・O DATA の PC100 256MB のメモリに、ECC 機能があることが分かりました。やり〜、です。(^^;)
裏面に貼ってあるシートに、『E100-256M』と書いてあるのですが、どうも I・O DATA のメモリの場合、この E が ECC 機能つきを意味しているようです。ECC 機能がついていないものは、『S100-』 になっていました。


■ 普通のメモリとECCメモリの、簡単な見分け方

 メモリ、といってもわたしのPC環境下で使えるメモリ、PC100、PC133 DIMM SDRAM のものの場合なんですが、ECC機能のあるなしを、一々PCに装着したりしないで見分ける方法も分かりました。

 DIMMでは片面に実装されるメモリチップの個数は8の整数倍となっているので、1枚のメモリに貼られているメモリチップの数は、普通片面8個となってます。しかしECC機能つきのメモリの場合は、片面9個になっています。

 先日わたしが登録しています bidders のオークションで、出品者もそのメーカ、性能がよく分からずに格安で出品されているメモリの中に、メモリチップが9枚のものを見つけました。2枚で 300円。その形から、PC100 か PC133 のようです。ECC機能があるということは分かりますが、何MBか分かりません。もしかしたら 32MB かもしれません。その可能性は高いです。でも安いので入札してみました。そんな出品商品ですから、12日間の間他に誰も入札する人はいませんでした。そして送られて来た商品を見てびっくり。まずとてもきれいでした。そして DELL のサーバに装着してみたところ、2枚とも 128MB でした。
「うわ〜っ、やったーっ。」(^^;)

クリックすると画像が大きくなります

後メモリは、パソコンとメモリ間の制御信号に対して電流量の調整やノイズを安定させる機能のあるものを、Buffered(バッファード、または Registered レジスタードともいいます)と呼び、その機能のないものを、Unbuffered(アンバッファード)とと呼びますが、この機能のあるなしも、ラベルに Registered と書いてあったり、メーカーサイトなどの性能表記で Registered と表記されていない限り、よく分からないことが多いです。




大分古い型の例で申し訳ないのですが、スロット型の CPU、Pentium III の側面には、下の画像のような表記があります。『500/512/100』の左の 500 は CPU の動作周波数です。次の 512 は2次キャッシュの容量(KB)。3つ目の 100 は、外部クロック(または、ベースクロック、FSB(front side bus)クロックとも呼ばれます。自分の使っているパソコンの CPU のベースクロックが分かれば、おのずと使えるメモリの種類も分かるという訳です。ただ容量や ECC 機能のあるメモリが使えるかなどに関しては、パソコンの仕様書を見て下さい。

下の例ですと、PC100 と PC133 のメモリが使えることになりますが、PC100 と PC133 の差はわずかで、ベースクロックが 100MHz のパソコンでも PC133 のメモリが使え、その逆にベースクロックが 133MHz のパソコンでも PC100 のメモリが使えます。

Pentium III 500MHz(CPU 冷却用の大きなヒートシンクがついています)

 クリックすると大きくなります  クリックすると大きくなります

Pentium III 933MHz(CPU 冷却用のファンがついています)
クリックすると大きくなります クリックすると大きくなります


これは余談ですが、2次キャッシュの容量について、疑問を持たれた方はおられますでしょうか。そうなんです、性能の劣っている Pentium III 500MHz の方が、512KB で、Pentium III 933MHz の方は、256KB です。この違いは両者の間にある構造的な違いから来ています。Pentium III 500MHz の方は、 Pentium III の初期型で、katmai(カトマイ)と呼ばれ、2次キャッシュが CPU コアの外部接続になっています。それに対して、Pentium III 933MHz の方は、Coppermine(カッパーマイン)と呼ばれ、2次キャッシュが CPU コアに内蔵され高速化されています。

Pentium III は、600MHz までがカトマイで、それ以上は、カッパーマインとなっています。

Apache2 で proxy サーバ

proxy (プロキシ、プロクシ)という言葉は時折目にするものの、インターネット初心者には意味がよく分からないでしょう。IT用語辞典 e-Words のサイトで検索してみますと、
proxy の検索結果 (リンクをクリックしてご覧ください)
とあります。

■ プロキシサーバを利用するとどんなことができるでしょう。
  1. アクセス側の情報を隠せる
    インターネットでサイトにアクセスすると、アクセス元の色々な情報がアクセス先のサーバに伝わります。アクセス時刻、IPアドレス、リファラー(どのサイトのリンクをクリックして来たか)、ホスト名(アクセス側のプロバイダー名)、アクセス側のパソコンのOS、ブラウザ名などなどの情報が瞬時にアクセス先のサーバのログファイルに記録されます。この情報の内、外部プロキシサーバを利用することによって、この内のいくつかを隠すことができます。まぁ、あまり悪いことをしようしない限り、その必要はないでしょうが…。(^^;)
  2. ラン内からの自宅サーバへのアクセスと、外部公開のチェックができる
    自宅サーバを開局している場合、ルータの仕様でラン内から直接ドメイン、グローバルIPアドレスではアクセスできない場合が普通ですが、外部プロキシを使うとドメイン、グローバルIPアドレスでアクセスできるようになります。しかも、自宅サーバが落ちていると、アクセスできなくなりますので、自宅サーバが外部公開できているかいないかの確認もできます。
  3. 特定のサイトへのアクセスを、できなくすることができる
    プロバイダによっては『有害サイトブロックサービス』などの名で、このサービスをしているところがあります。これはラン内に設けたプロキシサーバでも可能です。
  4. キャッシュをたくさん持っているプロキシサーバを利用することによって、表示スピードを早くする。
    これはラン内のプロキシサーバでも、自分のよく行くサイトは決まっているでしようから、キャッシュ機能を持たせておけば、ある程度のスピードアップは期待できるかも知れません。

■ Apache2 をどのようにしたら proxy サーバの機能をもたせることができるでしょうか。
    では、ポーツから Apache2 をインストールする方法で説明いたします。

cd /usr/ports/www/apache2
make WITH_PROXY_MODULES=yes WITH_CACHE_MODULES=yes
make install
make clean


で、httpd.conf の方は、
LoadModule proxy_module libexec/apache2/mod_proxy.so
LoadModule proxy_connect_module libexec/apache2/mod_proxy_connect.so
LoadModule proxy_ftp_module libexec/apache2/mod_proxy_ftp.so
LoadModule proxy_http_module libexec/apache2/mod_proxy_http.so

の部分のコメントアウトを外します。そして、

<IfModule mod_proxy.c>
    ProxyRequests On
    ProxyVia On
    ProxyBlock www.akusitu.com www.sukebei.com
    <Directory proxy:*>
        Order deny,allow
        Deny from all
        Allow from 192.168.0
    </Directory>
</IfModule>

<IfModule mod_cache.c>
    <IfModule mod_disk_cache.c>
    CacheRoot "/usr/local/www/proxy"
    CacheEnable disk /
    CacheDirLevels 5
    CacheDirLength 3
    CacheSize 500
    CacheGcInterval 4
    CacheMaxExpire 24
    CacheLastModifiedFactor 0.1
    CacheDefaultExpire 1
    </IfModule>
</IfModule>

を書き足します。
Apache2 付属のモジュールなので、何か特別にインストールするような必要はありません。
192.168.0 の部分は、ご自分の環境に合わせて書き換えてください。

ネットオークション続報

 25年程前に玩具店をしていた頃に、問屋さんから頂いたトミカの店頭陳列用ケース(非売品)を出品した。このケースは、老後の自分の楽しみとしてミニカーを飾るために使用せずとっておいたものだが、今は趣味がコンピューターになってしまい、不要となってしまったのだ。

 当時の玩具屋でのトミカの陳列用メインケースは、国産車80台用の赤いプレートのケースだった。このケースは、プレートに tomica world car series とあるように、外国車専用のケースだ。自分で言うのも何だが、青いプレートで40台飾れる中々おしゃれなケースだ。

 始めは、ほとんどオークションのページを見る人さえいなかった。ところが一回目のオークション締め切り一日前に、ミニカーをコレクションしている人らしき方からの入札があった。多分他に入札する人はいないだろうと思っていたが、その通りなく、その方が落札された。

 やはり親子揃ってミニカーをコレクションされておられる方で、商品が届いたその日に、ミニカーを飾りつけたケースの写真までメールで送って下さった。

 嬉しかった。こういう落札者の方ばかりだといいですね。m(^^)m
  • entry2429ツイート
  • Google+