優しかった赤塚不二夫さん

晴れ
夜雨
 珍しくテレビなんぞを見ていました。テニスの若手錦織圭選手が、全米オープン3回戦で第4シードのダビッド・フェレールという、世界ランキング4位の選手に勝利したんですね。彼は笑顔がとても人を引きつけますし、英語がちょっとできて英語のインタビューに少し受け答えできるので、アメリカでも人気があるそうです。
 午後は某NHKの、漫画家赤塚不二夫追悼番組を見ていました。娘さん他周りの人達にとても愛されていたようですが、裏を返せば赤塚さんご自身が周りの人達に良くしていたという証ですよね。晩年は、目の不自由なこども向けの絵本なんか作っていたんですね。入院している時にテレビを見ていたら、目の不自由な子供たちが出ていたそうなんですが、彼らが笑っていなかったのがとても印象に残ったそうです。それで 『よし! 彼らが笑う本を描いてみよう』 と思ったそうです。
 夜、某テレ朝のオーラの泉には大関琴欧州が出ていました。お母さんに誕生日ケーキをあげようと、隣のおばさんのところに行ってケーキの作り方を習ったそうです。日本では考えられないことですね。赤塚不二夫さんも、大関琴欧州も優しいですね、嬉しくなりました。ちなみに琴欧州の本名はカロヤンというそうです。日本の毛生え薬と同じ名前ですね。
  • entry3055ツイート
  • Google+

PageTop