oh.crap.jp

  当サーバの概要  

 oh.crap.jp は、2002年10月24日より稼動し始めました。当初は Windows98 に 和製 Web サーバソフト AN HTTPD でしたが、翌年1月22日より CPU Intel486DX4-75MHz Memory 20MB HDD 540MB のノートパソコン Think Pad 345cs(写真左)で FreeBSD と Apache にて稼動するようになりました。
 2004年3月30日に CPU Pentium 550MHz Memory 640MB HDD 13GB + 40GB の DELL Optiplex GX1 をネットのお仲間松島さんから頂き、このマシンを Web サーバ、FTP サーバとして稼動させ、より本格的なサーバ運営となりました。
 その後半年ごとにサーバ機を点検・清掃、OS などの再インストールをするために休養させようと言うことで、2004年10月にネットオークションにて DELL PowerEdge 1300 を購入。 購入当初 CPU Pentium 500MHz でしたが、2005年4月26日に同じ CPU をネットオークションで手に入れ、Pentium 500MHz 2機のデュアルプロセッサーに改造しました。FreeBSD はデュアルプロセッサーにも対応しています。

 2005年6月には DELL PowerEdge 1400SC CPU Pentium 933MHz Memory 768MB ( ECC Registered ) HDD 18.3GB SCSI ×2 を購入。4、5日間 Webサーバとして稼動させてみましたが、SCSI のハードディスクや、ファンの回転音が余りにも煩いのでとりあえず常用を断念。
 2006年4月にまたネットオークションにて DELL PowerEdge 1300 CPU Pentium 500MHz ×2 Memory 256MB HDD PCI接続のSCSI-RAIDカードから、RAID-5のパリティ付きストライピングで 9GB × 3台接続 を購入。 1週間程 Webサーバとして稼動させてみましたが、昨年購入しました PowerEdge 1400SC よりは静かなものの、やはり煩いのでまたもや常用を断念。

 現在は、2006年4月に購入しました SCSY-RAID5 仕様の PowerEdge 1300 を、 IDE の HDD 12GB + 40GB (Memory 640MB ( ECC Registered )) に改造し、OS FreeBSD4.11 ( Apache 2.0.59 PHP 5.1.6 ) をインストールしたマシンと、2004年10月に手に入れ、やはり CPU を Pentium 500MHz のデュアル仕様に改造した PowerEdge 1300 HDD 20GB + 40GB (Memory 512MB ( ECC Registered ))OS FreeBSD4.11 ( Apache 2.0.59 PHP 5.1.6 ) とを2機並べ、NFS と rsync を利用してデータのバックアップをしながら交互に稼動させています。

 なお Mail サーバは昨今の Virus メールの蔓延を考え設定しないこととしていましたが、上記のノートパソコン Think Pad 345cs が遊んでいましたので、これをメールサーバ ( qmail ) として稼動させることにしました。わたしが市の施設で行っていました、ホームページの作り方教室のメーリングリストもこのメールサーバで作り、毎週生徒さんにその週の授業内容を連絡したり、生徒さんからの質問に答えたりしていました。

 2005年1月、ネットオークションにて SHARP mebius MN330-X13 CPU Pentium 133MHz Memory 48MB HDD 2GB を 2000円で手に入れ、同年4月より Think Pad 345cs と交代させました。このマシンは、元の持ち主の時に何か事故に合い、ディスプレイの右上が映りませんでした。
 その後同年12月に市内のオークション出品者より、MN350-X16 Pentium 166MHz のジャンク品を 780円で購入。またオークションにて MMX Pentium 166MHz を 500円で手に入れることができ、結局 Mebius MN350-X16 CPU Pentium 166MHz の完動品を作ることができました。バッテリーも今まで死んでいましたが、組み合わせたことにより、少し効くようになり助かっています。ブレーカーが落ちてしまったり、停電した時に、少しでもバッテリーが生きていれば、コマンドを打ち込んでシャットダウンでき、ハードディスクのクラッシュを防げるからです。この Mebius MN350-X16 も、2007年に壊れてしまいましたので、現在では右上写真の東芝 DynaBook Satellite Pro430CT を使っています。

 またこのメールサーバ機に、IP アドレス変化時に No-IP の方にアクセスして、IP アドレスの更新(15分間隔に設定していました)をしてくれるソフト ( noip-2.1.1 ) をインストールして使っていましたが、2006年5月23日にプロバイダを ASAHINET に移行。ASAHINET の固定IP サービスを受けるようになりましたので、今はもうこの IP アドレスの自動更新ソフトは使っていません。固定IPにしたことにより、自宅サーバの接続障害は全くなくなりました。また、2008年4月にIPアドレスの逆引き設定をするために、プロバイダをインターリンクに変更。しかしインターリンクのサービスに満足できませんでしたので、同年7月にまたプロバイダを NETPLATZ(ネットプラッツ) に変更しました。低料金でサービスも良く満足しています。


■ 新規の利用者募集に関して

 2004年8月27日、総務省関東総合通信局情報通信部電気通信事業課にインターネットのホスティング事業( CGI のレンタルはこの種類に入るそうです)を開始するための届け出をして参りました。(届出番号 A−16−7891)

 今後 oh.crap.jp では、掲示板 CGI を主に CGI の有料レンタルを行って行く予定です。よってまことに申し訳ございませんが、今まで知人または知人からのご紹介の方々に無料でお貸ししていました方式を中止させて頂きます。ただし8月27日現在お使いの方々は、そのままお使い下さってけっこうです。どうぞよろしくお願い致します。m(_ _)m

 ■ 新しく始めましたレンタルCGIのお申し込みは、oh.crap.jp レンタルCGI からどうぞ。m(_ _)m

 2003年7月、Kent Web CGI 商用利用の事業者登録をしました。  
 2004年8月、CGI-design CGI 商用利用の事業者登録をしました。  


■ サーバマシンの画像です。(^^;)
 
 写真左:自宅サーバ開始当初のノートパソコン IBM Think Pad 345cs。スペックが低いために、CGI の処理に少々時間を要し、動作がとてものろかったです。流石に 2003.5.29 に 540MB だったハードディスクが壊れたので、4GBの中古ハードディスクを購入して交換しました。でもこのサーバ機は、1年と3ヶ月も稼動し続けました。現在 Mail サーバのトラブル時の交代用としてスタンバイさせています。
 写真右:現在稼動中の2台のマシン。半年交代で仕事をしています。NFS と rsync を利用して、データのバックアップを3、4日おきにに行っています。 ※ 画像は、クリックすると大きくなります。


初期のサーバマシン稼動中の画像
IBM Think Pad 345cs

現在のサーバマシン
DELL PowerEdge 1300


    


今日のことわざ
蓼食う虫もすきずき
虫の中にも蓼を食べる虫がいるように、人の好みも色々だということ

oh.crap.jp から

オンライン状況
人がオンライン中

Powerwd by